HOME > 会社情報 > 沿革・組織

沿革・組織

1966年4月 代表取締役  佐川泰紀が、染料技術ミッションの一員としてソウル市へ赴き、韓国染料工業の発展に尽力。
1984年7月 株式会社  ケムスターコーポレーションを設立。
佐川泰紀が代表取締役に就任。染料分野で韓国との貿易を開始。
一般化学薬品にまで広げ、輸出入を拡大させた。
1988年10月 市場の拡大と共に台湾、インドネシア、中国などとの輸出入取引も開始。
1998年4月 タイルユニット用のユニットフィルム(MGシート)を発売し、業界で評価を得る。 含浸強化木材薬品の調剤を開始。
2000年4月 フィルムタイプのコンクリート硬化遅延剤「リタメイト」の取扱いを開始。 中国産シアヌル酸クロリドの韓国販売代理契約を提携。
2005年8月 コンクリート/アスファルトなどの常温補修剤「ロードコート太陽」の取扱いを開始。
2008年11月 輸出部門が円高の多大なる影響の中、輸入部門にも広く良好に顧客開拓をする。
2011年7月 インドネシア経済好調により建材の輸出量増加。
2013年9月 韓国コスメ化粧品の人気製品原料の輸出量増大。
go to top